Mr.Children「Documentary film」MUSIC VIDEO

Mr.Children「Documentary film」MUSIC VIDEO

12.2発売 New Album「SOUNDTRACKS」より「Documentary film」映像公開!

________________________________

2020.12.2 Release
Mr.Children「SOUNDTRACKS」

特設サイト:https://www.toysfactory.co.jp/artist/mrchildren/20201202/
ご予約はこちら https://tf.lnk.to/soundtracks

01. DANCING SHOES
02. Brand new planet(カンテレ・フジテレビ系 火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」主題歌)
03. turn over?(TBS系 火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」主題歌)
04. 君と重ねたモノローグ(「映画ドラえもん のび太の新恐竜」主題歌)
05. losstime
06. Documentary film
07. Birthday(「映画ドラえもん のび太の新恐竜」主題歌)
08. others(キリンビール「麒麟特製ストロング」CMソング)
09. The song of praise(日本テレビ系朝の情報番組「ZIP !」新テーマ曲)
10. memories

■初回限定盤A(LIMITED BOX 仕様/ CD / DVD / 32Pブックレット) TFCC-86733 ¥4,000+税
■初回限定盤B(LIMITED BOX 仕様/ CD / Blu-ray / 32Pブックレット)TFCC-86734 ¥4,200+税
■通常盤(CD / 32Pブックレット) TFCC-86735 ¥3,000+税
■初回生産限定盤Vinyl(構成数:1枚 / HALF-SPEED MASTERED AUDIO / 180GRAM BLACK VINYL) TFJC-38044 ¥4,800+税

<初回限定映像特典>
撮り下ろし映像「DANCING SHOES」「Brand new planet」「Documentary film」「others」、London & LAのレコーディング映像、メンバー・インタビューなどを交えて構成する映像作品“MINE”収録。Extra Bonus:Documentary film(Music Video)

#MrChildren #SOUNDTRACKS #Documentaryfilm

Documentary film

今日は何も無かった
特別なことは何も
いつもと同じ道を通って
同じドアを開けて

昨日は少し笑った
その後で寂しくなった
君の笑顔にあと幾つ逢えるだろう
そんなこと ふと思って

誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルムを
今日も独り回し続ける
そこにある光のまま
きっと隠しきれない僕の心を映すだろう
君が笑うと
泣きそうな僕を

希望や夢を歌った
BGMなんてなくても
幸せが微かに聞こえてくるから
そっと耳をすましてみる

ある時は悲しみが
多くのものを奪い去っても
次のシーンを笑って迎えるための
演出だって思えばいい

枯れた花びらがテーブルを汚して
あらゆるものに「終わり」があることを
リアルに切り取ってしまうけれど
そこに紛れもない命が宿ってるから
君と見ていた
愛おしい命が

誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルムを
今日も独り回し続ける
君の笑顔を繋ぎながら
きっと隠しきれない僕の心を映すだろう
君が笑うと
愛おしくて 泣きそうな僕を

コメント

  1. SECカーボン株 なんで上がらないの?誰か教えて より:

    (*‘∀‘)♪♪♪

  2. アーモンドみや より:

    今日は何も無かった
    特別なことは何も
    いつもと同じ道を通って
    同じドアを開けて

    昨日は少し笑った
    その後で寂しくなった
    君の笑顔にあと幾つ逢えるだろう
    そんなこと ふと思って

    誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルムを
    今日も独り回し続ける
    そこにある光のまま
    きっと隠しきれない僕の心を映すだろう
    君が笑うと
    泣きそうな僕を

    希望や夢を歌った
    BGMなんてなくても
    幸せが微かに聞こえてくるから
    そっと耳をすましてみる

    ある時は悲しみが
    多くのものを奪い去っても
    次のシーンを笑って迎えるための
    演出だって思えばいい

    枯れた花びらがテーブルを汚して
    あらゆるものに「終わり」があることを
    リアルに切り取ってしまうけれど
    そこに紛れもない命が宿ってるから
    君と見ていた
    愛おしい命が

    誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルムを
    今日も独り回し続ける
    君の笑顔を繋ぎながら
    きっと隠しきれない僕の心を映すだろう
    君が笑うと
    愛おしくて 泣きそうな僕を

  3. andriyanto antonius より:

    A true masterpiece

  4. くまこう より:

    沖祥子さんの出番ですね!

  5. aosouao より:

    MVのクオリティーが、半端ない。
    人、物、空間、ストーリー、etc.。ひきこまれた。

  6. Mr. beer より:

    このMV見ながら、聴きながら、
    いいなー、いいなー、
    と思って

    今、同じことを想いながら聴いている人がいるんだなと思うと、また、

    いいなー

    ってなってます。

  7. Takuma Kondo より:

    この曲は奥が深いです。
    男女の2人の恋愛物語かと思いきや、それにとどまらず命や幸せとは何かまで考えさせられました。
    女の子は、嬉しいことから嫌なことまで全ての記憶を覚えてしまう。一方、男の子は、記憶を忘れやすいため、ドキュメンタリーフィルムが無いと女の子との思い出を忘れてしまう。
    2人の出逢いは、女の子の犬が死んでしまって、そこに手を差し伸べたのが男の子。だから、女の子は犬を思い出すたびに男の子を思い出してしまうと思います。
    (悲しいことに追われないのは、ラッキーなことかもしれないよ)このドキュメンタリーフィルムに書かれていた言葉は女の子の言葉かな?って推測しちゃいました笑
    なぜ、Qみたいなヘルメットを被っていたのか考えてみました。ヘルメットを被ることにフィルターをかけることができていた。最後のシーンで、ヘルメットを手放した時、2人の価値観が同じになったように見えました。
    ↑あくまで、私の考えです笑

  8. chan taka より:

    The song of praiseをフルで聴いて、改めて思った。このアルバムは本当に全身全霊で作られたのだと。傑作、秀逸。

  9. 渡部匡平 より:

    最高です

  10. ああ より:

    0:55

  11. 吉田道幸 より:

    ダメだ!何回見ても泣けてくる。

  12. hina miii より:

    嬉しいとき寂しいときどんなときも
    ミスチルを聴きたくなります。

  13. ひでさん より:

    素敵な曲ばかりでズルい(笑)

  14. 桜井和寿 より:

    嫌なことがあってもMr.Childrenの曲が僕に寄り添ってくれる

    すごく心地がいい

    嫌な気持ちでいっぱいだった心は
    いつの間にかリセットされてる

    また一つそんな素晴らしい曲が生まれましたね

  15. 滝口魁人 より:

    自分用 0:55

  16. 三井寿 より:

    最高です

  17. mrimk より:

    毎回思うんですが、

    「◯○の曲に似てる」

    とかって、どうでもよくないですか?

  18. あーけんんん より:

    記憶・記録

  19. 本庄アル より:

    2番のサビえぐい

タイトルとURLをコピーしました