【動画】木10ドラマ『レンアイ漫画家』第7話 60秒予告【フジテレビ系】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

突如現れた幼子レンを捨てた魔性の母、その思惑は?ライバル漫画家・可憐がなぜか果敢に動き出す!ついに明かされる恋愛漫画家・苅部清一郎が恋愛できなくなった理由!?さらされた過去。その時あいこは…。

<第7話あらすじ>
刈部清一郎(鈴木亮平)は悔やんでいた。仕事部屋に金城可憐(木南晴夏)と入ったレン(岩田琉聖)に思わず「出て行け!」と怒鳴ってしまったこと。そして久遠あいこ(吉岡里帆)に「これは家族の問題だ」と、突き放したことも。レンは、写真に写る女子高生を母親ではないかと疑っており、清一郎は動揺してまったのだ。そして何より気がかりだったのは、突然かかってきた電話だった。美波と名乗るその女は、尋ねてくると告げていた。
朝、清一郎はあいこに謝る。また、レンに学校帰りにあいこのバイト先で夕食を食べて来るよう伝える。家を出て行かなくて良いと知り、喜ぶレン。
バイトに向かったあいこは、昨日の二階堂藤悟(眞栄田郷敦)からの突然のキスに戸惑いを隠せずにいた。何事もなかったように大人対応しようと決意するあいこだったが、二階堂の様子は明らかにギクシャクで…。
一方、向後達也(片岡愛之助)は編集長から『銀河天使』の日本漫画大賞ノミネートを命令された。賞レースを毛嫌いしている清一郎。向後は困窮する。
 夕方、刈部宅のインターフォンが鳴る。身構える清一郎だが、可憐だった。刈部まりあの正体を知ったという可憐は、一方的に『銀天』への熱い思いを語り、「私がまりあ先生をお守りします!」」と言い出す。そこへ新たな来訪者が。居留守を使おうと焦る清一郎にトラブルを察した可憐は、自分が応対すると玄関へ。そこには花束を抱えた美波がいた…。

https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka
https://twitter.com/renai_mangaka
https://www.instagram.com/renai_mangaka

コメント

タイトルとURLをコピーしました