【動画】木10ドラマ『レンアイ漫画家』第9話 60秒予告【フジテレビ系】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

つきあってるのか、いないのか!?そもそも「つき合う」の意味とは…?不器用すぎる恋がついに進展!そんな中、人気少女漫画家・苅部まりあの正体が世間にバレてしまい…。過熱する炎上、増殖するヘイト…「銀天」の危機に、清一郎は…?

<第9話あらすじ>
刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)のキスを目撃してしまった早瀬剛(竜星涼)は衝撃を隠せないでいた。二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店で、向後達也(片岡愛之助)と金條可憐(木南晴夏)に報告する早瀬。あの二人がキス、それも清一郎から、ということに驚く一同。レンも聞いていた。
刈部家の食卓では清一郎とあいこが互いを意識しすぎて、ぎこちない。そんな二人に「お付き合いしてるんですか」と単刀直入に聞くレン。慌てて誤魔化す二人。清一郎はレンに説明しようと思うが、そもそも「付き合う」とはどういう意味なのか、堂々巡りの思考に陥ってしまう。結果、清一郎がなんとかできたことは、あいこに「食事に行かないか」と尋ねることだった。今描いている原稿を書き上げたら、と。
一方、編集部に戻った向後は、気を取り直してSNSで『銀天』をエゴサする。すると『銀天』が炎上騒ぎになっていた!「悲報、刈部まりあはおっさん」など、清一郎の画像つきで拡散されている。動揺する向後。炎上騒動を知った可憐と早瀬は刈部家へ行き、あいこに事情を話す。
その頃、向後は山田編集長(林和義)と炎上への対策を検討していた。そこへ『銀天』が日本漫画大賞を獲得したと連絡が入る。清一郎に黙って応募してしまった上、この炎上騒動、賞は辞退するしかないという向後だったが、編集長から「炎上を逆手にとれ」と言われてしまい…。

鈴木亮平/吉岡里帆/眞栄田郷敦/岩田琉聖/小西桜子/白石隼也/松大航也/奥平大兼/竜星涼/木南晴夏/片岡愛之助

【公式HP】https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka
【公式Twitter】https://twitter.com/renai_mangaka
【公式Instagram】https://www.instagram.com/renai_mangaka

コメント

タイトルとURLをコピーしました